「プロ野球戦力外通告クビを宣告された
男達」
に千葉ロッテマリーンズから戦力外
通告を受けた伊藤義弘さんが登場します!

今日はそんな伊藤義弘さんのこれまでの
経歴とお嫁さんや子供、そして新たな
今後の進路などについてお届けしたいと
思います。

伊藤義弘選手の経歴

伊藤義弘選手は2007年のドラフト会議で
千葉ロッテマリーンズから4位で指名を受け、プロ入り。

2008年からプロ生活がスタートしたわけ
ですが、初年度から50試合を超える登板数
と中継ぎの即戦力として活躍。

そこから2011年まで4年連続の50試合登板も達成しました。

個人的に一番記憶に残っているのは、
2010年のプレーオフ。
3位からの下剋上を成し遂げた年ですね。

その日本シリーズの中日との最終戦で、
延長12回に岡田選手が勝ち越しタイムリー
を放ち、その後の回を見事に抑え、
胴上げ投手になったのは、今でも鮮明に
記憶に残っています。

内選手達とともに、中継ぎの柱として
これからもロッテを支えていくものだと
思っていましたが、2011年にとある事件が
起こりました。

日本ハム陽選手の折れたバットが伊藤義弘選手の足に直撃。

流血までするというとんでもない事件が起きてしまいました。

今思えば、ここから伊藤義弘選手の野球人生
に狂いが生じ始めたのではないかと思います

この翌年には右肩や脇腹など、体のあちこち
故障が頻発し、出場試合数も激減。

連続50試合登板の記録も途絶えてしまいました。

2012年からの登板数は下の通り。

2012年:6試合
2013年:17試合
2014年:5試合
2015年:7試合

そして2016年の今年は1軍での登板数は0に
終わってしまい、シーズン終了後に戦力外
通告
が通達されました。

その後、12球団合同トライアウトに参加。
ここで読売ジャイアンツの目に留まり、
入団テストに臨みましたが、残念ながら
不合格となり、現役引退を表明しました。

バット直撃事件もありましたが、故障を
頻発したということは、それまでの疲労
などもあったんだと思いますね。

ロッテに属する選手の中でとても好きな
選手で、そのうちきっと復活すると信じて
いたので、戦力外の中に名前が入ってる
のを見た時は、何とも言えぬ喪失感
襲われました。

今後の進路は、体育教師になることを
目指すそうです。

國學院大学を卒業してはいますが、改めて
大学に進学するとのこと。

数年後にはきっと、良い教師になってる
ことでしょう!

伊藤義弘さんの嫁と子供について

伊藤義弘さんはロッテ選手時代の2009年に
看護師の女性と結婚。

中西沙綾さんというお名前の方です。

同姓同名のアナウンサーがいますが、
その人ではありません^^

年齢は伊藤義弘さんが27歳の時に
28歳だったとのことなので、1歳上と
いうことになるでしょうか。

子供は2016年現在、3人いらっしゃいます。
6歳の長男、5歳の長女、2歳の次男

故障に泣かされていた時も、家族には
とても励まされたとのこと。

沙綾さんは食事面でサポート。
炎症に効く食材を使った料理など、健康に
良い料理について勉強を重ねていたそうです。

リハビリなどが上手くいかず、イライラして
いた時には子供たちの無邪気に笑った顔を
見てリフレッシュ。

こうして、怪我からの復帰を目指して
日々頑張っていたそうです。

こういうストーリーを見ていると、家族と
いうものはとても温かくて、力を与えて
くれるかげかえのない存在なんだなと
思います。

男の子が二人いますし、そのうちお父さん
のようなプロ野球選手になっているかも
しれませんね〜。

小学校1年生になったという長男は、
「お父さんのようになりたい!」と、
野球に強い関心を持っているそうですし、
何といっても自分のすぐ近くに
良い”先生”がいますからね!

この子達の将来も楽しみです!

まとめ

伊藤義弘さんは、既に新たな進路に向かって
動きだしているところがすごいですね!

「プロ野球戦力外通告クビを宣告された
男達」は、今年も12月30日夜10時から
TBSで放送予定
です。

お見逃しなく!