世の中には蚊に刺されやすい人と刺され
にくい人がいますが、その違いって何なの
でしょう。

まず、蚊はストレスのたまっている人を
敬遠するという説があります。

ストレスを抱えると皮膚から毒素が出るの
ですが、その物質を蚊が嫌うとのこと。

反対にストレスのない人からは、蚊の大好き
炭酸ガスや乳酸が活発に排出されるので、
蚊に刺されやすい状態になるのです。

他にも蚊に刺されやすい人のパターンが
色々あるようなので、順番に見ていき
ましょう。

血液型でO型の人は刺されやすい

一般的によく言われているので聞いたことが
あるかもしれませんね。

『 血液型でO型の人は刺されやすく、
  A型の人は刺されにくい。 』

専門機関からの報告データもあり、
実際O型の人は、A型の人の倍近く刺されて
いるようです。

原因は明らかにされていませんが、血液型が
O型の人から何かしらの蚊が好む物質が放出
されているのは間違いなさそうですよ。

飲酒後は刺されやすい

お酒を飲んだあとは、蚊に刺されやすく
なります。

なぜ、刺されやすくなるのか?

お酒を飲むと、お酒に含まれている
アルコールが体内に入って、分解される
際に大量の二酸化炭素が発生します。

蚊は、二酸化炭素を敏感に感知する
習性がありますので、おのずと刺され
やすくなるという状態になるわけですね。

汗をかいた後は刺されやすい

蚊は、温度や水分にも敏感に反応します。

なので、汗をかくほどに体温が上昇した時は、
蚊に狙われやすくなるので、注意が必要です。

例を挙げると、入浴後や運動をした後など
ですね。

汗や体に付着する水分をきちんと拭き取れば
ある程度、蚊に気付かれるリスクは下がる
ので、刺されない為にもこういった対策は
キチンとしていきたいところですね。

黒い服を着てると刺されやすい

蚊は、黒いものにも反応します。

蚊の視力は白黒にしか物が見えないので、
どうしても黒っぽいものに寄っていって
しまいます。

そのため、青や赤など原色を着る時も
注意が必要です。

反対に白やパステルカラーを着るように
すれば、蚊が寄ってくるのを避けることが
できます。

さらに、色の濃い服は、熱を吸収しやすい
という特徴を持っています。

このため、温度が上がるという部分でも
蚊が反応を示すようになってしまいます。

なので、できれば熱を吸収しにくい
白っぽい服を着用して外出することを
オススメします。

まとめ

以上のことから、蚊は、

・人間が放出する物質
・汗
・体温
・黒い色

に敏感に反応する生き物だということを
確認することができました。

まずはこういったところを改善し、さらに
グッズの使用をプラスすれば、蚊に刺される
ケースはグンと少なくなるはずですよ!

ちょっとした工夫で、刺される頻度が
全然違ってきますので、ぜひ参考に
してくださいね!

▽ 蚊対策に効果的なグッズはこちら ▽