「君の名は。」の主題歌「前前前世」を歌う
のは、RADWIMPSです。

新海誠監督が以前から熱烈なファンであった
ということから今回のタイアップが実現しま
した。

今回はこのRADWIMPSにスポットをあてて
書いていこうと思います。

RADWIMPSについて

2001年にボーカルの野田洋次郎を
中心として結成したRADWIMPS。

このバンド名には、
「かっこいい弱虫」といった意味が
こめられています。

「ふたりごと」や「おしゃかしゃま」など、
奥深い世界観と
独特な雰囲気を醸す彼らの曲は、
若者を中心に人気があります。

主題歌のタイトルについて

そんなRADWIMPSが今回歌う
主題歌のタイトルは、「前前前世」

映画とRADWIMPSの音楽が合わさると
したら、という質問に、

お互いの領域にオーバーラップし、
響き合い、結びつき、
共に冒険ができるようなものであったら、
素敵だなぁと思う。

と、コメントしています。



映画との繋がりを深く意識し、制作した
「前前前世」
予告編で流れている部分のみではありますが
その部分の歌詞を文字に起こしてみます。

(※8/21追記:歌詞更新しました)



やっと目を覚ましたかい

それなのになぜ目も合わせやしないんだい

遅いよと怒る君

これでもやれるだけとばしてきたんだよ

心が身体を追い越してきたんだよ

君の髪や瞳だけで胸が痛いよ

同じ時を吸い込んで離したくないよ

遥か昔から知るその声に

生まれて初めて何を言えばいい?

君の前前前世から僕は

君を探し始めたよ

そのぶきっちょな 笑い方をめがけて

やってきたんだよ

君が全然全部なくなって

散り散りになったって

もう迷わない また1から探し始めるさ

むしろ 0からまた宇宙を始めてみようか




どっから話すかな

君が眠っていた間のストーリー

何億 何光年

分の物語を語りにきたんだよ

けどいざその姿この目に映すと

君も知らぬ君とジャレて戯れたいよ

君の消えぬ痛みまで愛してみたいよ

銀河何個分かの 果てに出逢えた

その手を壊さずに どう握ったならいい?

君の前前前世から僕は 君を探し始めたよ

その騒がしい声と涙をめがけ

やってきたんだよ

そんな革命前夜の僕らを

誰が止めるというんだろう?

もう迷わない 君のハートに旗を立てるよ

君は僕から諦め方を 奪い取ったの




前前前世から僕は 君を探し始めたよ

そのぶきっちょな 笑い方をめがけて

やってきたんだよ

君が全然全部なくなって

散り散りになったって

もう迷わない また1から探し始めるさ

何光年でも この歌を口ずさみながら




必死になって見つけ出そうとする感じが、
「君の名は。」の内容にすごくマッチして
いるように思いましたね。

心が高ぶるような曲調も非常に良く
初めて聞いた時、鳥肌が立ちました。

この主題歌だけでも素晴らしいですが、
これだけにとどまらず、20曲以上の
劇中音楽も制作されるとのこと。

そちらの方も楽しみですね!

「前前前世」の発売日は?

主題歌に決定した「前前前世」。
「君の名は。」のCDに収められて
いて発売日も決定しております!
映画公開日の2日前となる
8月24日発売です!

▼ CDの詳細はこちら ▼
君の名は。(通常盤)

まとめ

「君の名は。」の主題歌「前前前世」の歌詞
と発売日についてお届けしました。
映画の新海誠監督の世界観と、RADWIMPSの
作る音楽が、どのように組み合わさるのか
乞うご期待!