米軍(アメリカ海軍)台風情報の最新進路
予想では、まだ1号だというのに猛烈な勢力
に発達、維持したまま沖縄県の先島諸島
方面に進み、7日朝にも暴風警報が発表
される予定です。

日本列島には太平洋高気圧が張り出して
いるため、その南側を台風1号が西北西に
進んでいるので、なかなか日本に近づく
ことはできません。

しかし、米軍(アメリカ海軍)最新の台風
1号進路予想図では、来週になって日本方面
へ転向するような形になっているため、注意
が必要です。

taihuu

台風1号は7日00時現在、沖縄の南にあって、
時速30キロの速さで西北西へ進んでいます。

中心の気圧は900ヘクトパスカル、中心付近
の最大風速は60メートル、最大瞬間風速は
85メートルで中心から半径170キロ以内では、
風速25メートル以上の暴風となっています。


taihuuu

ゲリラ豪雨に要注意!

台風1号によって、九州、沖縄方面は暴風、
高波、大雨
に注意ですが、その他の地域も
日本列島に湿った空気が流れ込むため、
突然の豪雨、落雷、突風に要注意です。

気温も上昇しますので、熱中症対策
忘れないようにしましょう。

台風には早めの対策を

台風は地震等と違い、ある程度の予想が
できるので、雨が降ったり、風が強くなっ
たりする前に、早めの対策をしましょう。

1 窓や雨戸はしっかりと閉め、側溝や
排水溝は掃除をしておく。

2 風で飛ばされそうなものは、なるべく
家の中に入れておくか、飛ばないように
固定しておく。

3 雨や風が強くなってから、外での作業は
しない。

4 窓ガラスに飛散防止フィルムを張るなど、
できるところは補強する。

5 なるべく外出は控え、外出している人は、
早めに帰宅する。

基本的なことばかりですが、ぜひ実行して
ください。

まとめ

台風がもたらす影響は計り知れません。

最新の米軍(アメリカ海軍)台風情報の
進路予想で直撃しないだろうと思っても
安心せず、まずは自分ができることから
対策を始めましょう。