2017年も混雑になること間違いなしの
ひらかたパークのプール「ザ・ブーン

今日は、各月ごとの混雑状況や、日陰は
どこで確保すればよいのかについてを
中心にお届けします。

まずその前に、プールの営業時間について
見ていきましょう。

開園時間と料金について

期間:2017年7月8日(土)~9月3日(日)
休園日:7月11日(火)
時間:10時~17時
  
という風になっています。

しかし、

7月10日(月)~7月20日(木)
8月28日(月)~9月1日(金)

平日の時間は16時まで
変更されますのでご注意ください。

続いて、利用料金ですね。

ひらかたパークでは、
プールのみの利用でも、
入園料金が必要となります。

もちろんのことですが、
大人と子どもでその値段も変わってきます。

まずは大人。

入園&プール料金:2300円
プールのみの料金:900円

つぎに子ども。
子ども料金が適用されるのは、
2歳~小学生のお子様です。

入園&プール料金:1300円
プールのみの料金:500円

となっています。

あと、フリーパス
プールでは対象外なので、
その点も十分に注意してくださいね!

混雑について

夏休みの定番といえば、
やはりプールというだけあって、
ひらかたパークのザ・ブーンも
混雑を見せます。

そこで、各月ごとに
その混雑の度合いがどれほどのものか
まとめてみました。

7月:土日でも混雑とまでは
いかない日がちらほら。

8月:お盆や土日などに行くと大混雑。

9月:プール終了間際でも
暑い日が続いてるようなら
それなりに混雑。

といった感じです。
やはり夏休みに入ってどれだけの日数が
経過してるかが鍵でしょうか。

夏休みに入って間もないなら、
思ったよりも少なめだったり
するようなので!

そして、8月のお盆の日
大変混雑します。
お盆過ぎでも混雑するようなので、
その日程くらいしか行けない!
というわけではないのなら、
避けるのが賢明でしょう。

日陰の確保について

やはりプールに行くとなると、
日陰ポイントの確保もしておきたい
ところですよね。

テントやパラソルの持ち込みなどが
できればよいのですが、
ザ・ブーンにはそれらのものを
持ち込むことは禁止されています。

その代わりに、
屋根で陽を遮ってくれているスペースや
パラソルなどが
ひらかたパークサイドによって
造設されています。

屋根で遮ってくれるスペースは、
入口入って少し奥の方。
階段を上ることによって、そのスペースへ
行くことができます。
大きな茶色の屋根が目印。

パラソルはプールを囲むようにして
至るポイントに設置されています。

どちらも、混雑状況によっては
開園前から並び、ダッシュでプールへ
行かないと場所を確保できないことも
あるので、
混雑しそうな日程にプールへ行く場合は
早めにひらかたパークへ向かうように
しましょう。

ちなみに、今年は屋根付きのエリア
拡大されたり、小上がりや授乳室、
フードエリアが新設されて、ますます
プールエリアが快適になりましたよ!

持っていくとよいもの

持っていくとよいものも
せっかくなので紹介します。

まずは、レジャーシート
パラソルなどの下に敷く用。
これは必須といえるでしょうか。

あとは、日除け対策に
サンバイザーや帽子など
用意しておくのも良いと思います。

そして、土足での利用は
禁止されているので、
ビーチサンダルも忘れずに。
(ヒールのついていないもの)

まとめ

2017年の夏も猛暑になるようですね。

その暑さを紛らわすためにも、この夏は
豊富な種類が揃ったひらかたパークの
ザ・ブーンでエンジョイしましょう!