ハウステンボス主催の「大阪城ウォーター
パーク」
が期間限定で大阪に登場しました!

大阪城の天守閣を眺めながら、プールやスラ
イダーなど、たくさんのアトラクションで
遊ぶことができますよ。

ウォーターパークの口コミ

16日から開催されている大阪城ウォーター
パークですが、実際に足を運んだ人の口コミ
も上々のようです。

・ロングスライダーを滑った男の子

「最低5回は滑りたくなるくらい気持ちいい」

 

・ウォーターパークに訪れた女性

「子供たちも喜んでいて、私も一緒に
楽しんでいます。期間限定ではなく
ずっとあったらいいのにな」

「お城を見ながらスリルを味わえる
ところが非常に良い。
幅広い層が楽しめると思います」

 

・ウォーターパークに訪れた男性

「世界のビールが飲めるのがいい」

「楽しすぎてクセになる。また来たい」

 

などなど。

やはり、大阪城を眺めながらプールを楽し
めることができる点、そして様々な企画で
楽しませてくれる、アトラクションがある
ということが、高評価につながっているよう
ですね!

ウォーターパークの混雑状況は?

オープンの初日は、さすがにたいへん混雑
しましたが、平日は今のところ空いてます。

今後、夏休みに入って、平日でも混雑して
いくと思われますが、できれば休日より
平日に行きたいものです。

なお、一番混雑するのは、やはりお盆の
時期ですね。

ウォーターパークの開催期間は?

そこで気になるのは、開催期間がいつから
いつまでなのか、そして何時から何時まで
なのか、ということですよね。

まずは、大阪城ウォーターパークの開催期間
ですが、

7月16日~8月31日

という約1ヶ月半に渡って、開催されます。

あと気になるのが、休みがあるのかどうかと
いうことですが、何と”無休”で開催される
とのこと。

夏休み期間真っ只中ですし、無休で開催と
いうのも相まって、大変な人気になりそう
ですね!

続いて、大阪城ウォーターパークの営業時間
ですが、

10:00~18:00

の間、営業されます。

朝から晩までたっぷりと楽しむことが
できますね。

ウォーターパークのチケットは?

ウォーターパークのチケットは、1日入場券
1日フリーパスの2種類あります。

基本的に2つのチケットは、どちらも購入
すればウォーターパークの利用がフリーに
なるのですが、大きな違いとして、
ウォーターロングスライダーの遊べる回数が
1回だけなのか、フリーになるのかという
ことがあります。

それぞれの値段はコチラ。

1日入場券(ロングスライダー1回)

高校生以上:1600円
3歳~中学生:1000円

8月11日~15日の期間は、

高校生以上:2000円
3歳~中学生:1300円

1日フリーパス(ロングスライダーフリー)

高校生以上:2000円
3歳~中学生:1400円

8月11日~15日の期間は、

高校生以上:2400円
3歳~中学生:1700円

という風になっています。

 

400円の差でウォーターロングスライダー
遊べる回数が1回からフリーになりますので、
何度も楽しみたいという方は、フリーパス
購入することをオススメします。

そして、8月11日~15日のお盆の期間は、
少しだけチケットの値段が上がります。

一番人が集まって混雑する期間でもあります
し、できればこの5日間に行くのは避けた方が
無難です。

ウォーターパークへのアクセス

次のマップの「太陽の広場」と書いてある
場所で開催されています。

water park

最寄駅は「大阪城公園駅(JR環状線)」で、

大阪城ウォーターパークまで徒歩2~3分
です。

あとは、

大阪ビジネスパーク駅(地下鉄長堀鶴見緑地
線)
より徒歩6~7分

森ノ宮駅(JR、地下鉄)より徒歩12~13分

京橋駅(JR、京阪、地下鉄)より
徒歩15~16分

ですね。

なお、大阪城ウォーターパークには、専用駐
車場はありませんので、もし車で出かけられ
るなら、駅周辺の駐車場をご利用ください。

ウォーターパークのアトラクション

大阪城ウォーターパークに用意された3つの
目玉アトラクションをそれぞれ紹介します。

ウォーターロングスライダー

日本最長といわれるハウステンボスの
ロングスライダーと比べると、30m短い
ものの150mという長さのゆるやかな
傾斜のスライダーを滑りぬけることが
できるアトラクション。

滑っているところを自撮り棒を使って
撮影することもできます。

ジャンピングスライダー

勢いよく滑って空中へジャンプすることが
できる爽快感バツグンのスライダーでは
ありますが、安全性の為、利用できるのは
高校生以上からとなっています。

ウォータースライダー

長崎のハウステンボスでも人気のウォーター
スライダーが、大阪城ウォーターパークにも
登場。
一気に滑り落ちるそれはスリル満点です。

 

この他にも、
直径20mという巨大な3つのプールや、本物
の雪で遊ぶことができる、スノーパークとい
った子どもたちも大喜びな施設もありますよ。

まとめ

今年は、一番の猛暑になると言われている
ので、期間限定であっても、こういった
新たなプールを設営してくれるというのは
嬉しいですよね!

アトラクションも様々ですし、
この夏飽きることなく楽しめそうです!

大阪の他のプールの記事はこちらから↓

http://teabreaktime.com/hirapapu/